リビングルーム

リビングルーム

外観夜景

エントランスからリビングを見る

ダイニングキッチン

リビングルーム

リビングよりダイニングキッチンを望む

2F吹抜け部

サニタリー

子供部屋の丸窓

和モダンな住まい

旭川市 H邸

旭川の鷹栖インターチェンジ近くにある高台の家。高速道路越しに山並みが広がり、四季をつぶさに感じられる絶好のロケーションだ。景色を生かすために、窓の配置を工夫してパノラマのように見せることを考えた。
団らんの場となるリビングの3方向に設けた窓からは、あたかも大画面に映し出されたように緑が迫ってくる。その光景をソファでゆったり眺めるのと、まさに別世界である。
リビングダイニングキッチンを広く使うため、1階全体はオープンな空間構成。ムク材のフローリングに和紙を貼った障子、階下を見おろせる子ども部屋の丸窓など、完成したH邸は上品な和モダンの雰囲気をまとっていた。造作キッチンもこだわりのひとつで、黒で統一した造りになっている。「まわりがダーク系の色なので、ステンレスや白い天板だと浮いてしまう」という奥さまの声を形にし、黒の天板を採用した。完成してみると空間に違和感なくおさまり、汚れも目立たないといったメリットも。キッチンの後ろ側には、食器から調理器具、家電までがひとまとめに収納できるスペースがあり、引き戸をしめればスッキリ隠せる設計だ。