重厚なデザインの外観

重厚なデザインの外観

クラシカルとモダンが調和する

1階ジムスペース

ジムスペースからプールを望む

天窓から陽光がそそぐプール

幻想的な夜のプール

2階書斎へと続く螺旋階段

1階ラウンジ

主寝室

2階テラス

リビング

ダイニングからリビングを望む

落ち着いた雰囲気のキッチン

オーディオルーム

オーディオルームに配したステンドグラス

刻々と表情を変える光が優しい

パウダールーム

サニタリー

3階浴室

テラスに設けたジャグジー

ライトの淡い灯りがリゾートのような印象

外観夕景

プールのある癒しの住まい

札幌市 H邸

クラシカルとモダンが調和し、まるで洋館のように重厚かつ堂々とした佇まいの邸宅。生活空間であるパブリックスペースと心身の健康を保つリラクゼーションスペースを兼ね備え、これらを2つの棟で分離。庭を包み込むように2棟を配置したことで一体感を創りだしている。
リラクゼーションスペース1階には、体の健康を保つためのプールとジムを設けており、真紅の絨毯がプールの水色を引き立て鮮やかなコントラストをなす。夜になるとライトに照らされた水面と天窓から見える夜空が幻想的な雰囲気を演出。まるでリゾートにいるような感覚を味わえる。
生活の中心となるリビングダイニングは2階とし、曲線デザインが印象的な出窓により広がりを感じさせる。また、キッチンから続く奥様のワーキングスペースは楽しさと落ち着きを持った空間となっている。音楽と映像を満喫するためのオーディオルームでは、壁に配したステンドグラスが音楽と共に刻々と表情を変え、優しい光が心を満たし癒してくれる。遠景の山並みを楽しめるように浴室は3階に配置した。
バルコニーのジャグジーからは山々の雄大な眺めと共に川のせせらぎも聞こえ、心地よい安らぎを誘う。自然の緑、水、風、光を感じながら、心と体に潤いを与えてくれる癒しの住まいが実現した。