外観

外観

玄関アプローチ

玄関から中庭を望む

玄関ホール

リビングから2Fを望む

吹抜けのリビング

リビングから中庭を望む

リビングとキッチン

キッチン

カウンター越しにキッチンを見る

中庭

2Fからリビングを見おろす

3Fファミリースペース

中庭からリビングと玄関を見る

中庭から見るリビングルーム

曲線が繋がるモダンな邸宅

札幌市 S邸

閑静な住宅地に建つ、曲線と直線の壁が美しく融合するモダンな邸宅。玄関に入ると、曲線を描く白い壁がガラス窓を貫くようにテラスへと続き、内と外の流れを繋いでいる。白で統一されたテラスは光をより明るく暖かい印象に変え、植栽の緑と窓に映る空の青を一層鮮やかに演出してくれる。
吹き抜けの開放的なリビングは、一面の壁をタイル張りにし、照明を天井から下ろさず、壁に埋め込む形とした。スマートな中に遊び心を取り入れたハイセンスな空間だ。また、吹抜け部分の開口は、日差しの変化を考慮し東向きに設けた。朝日が降りそそぐこの窓からは、夜にはほのかな灯りが外にもれ、住まいのぬくもりを伝えている。
奥様のこだわりが詰まったキッチンは、建物全体の印象と対照的に黒ですっきりとまとめ、リビング側からは目隠しによって手元が見えないという機能的な造り。洗面室のタイル使いが、優しい雰囲気を醸し出している。2Fホールの奥には子供室が2部屋あり、趣味や勉強に集中するための書斎を個々に備えている。また、3Fには南側の窓から山並みを望むことができるファミリースペースがある。
テラスを中心にいつも光と緑を感じながら暮らすことのできる理想の住まいである。