HOPシステム

1997年に設立したHOP(ハウジングオペレーションINC.)は、新しい時代の本物の住宅づくりを目指し、林野庁、北海道、空知芦別木材協会の全面的バックアップにより、産地直送の住宅供給システムを開発。 道産材による家づくりを通じて、天然林の保護と建築資材の自給自足への取り組みをスタートさせました。

国産材による家づくりを通じて、森を再生。

私たちは1997年に原木の確保から製材、流通、設計、建築までを協業化した独自の住宅供給システム(HOP)を確立し、木材を現地でプレカットする産地直送システムによって、流通コストを大幅に削減。住宅のあり方を工法から、性能、デザイン、流通までを全面的に見直しました。
それは「日本の森林を住宅建築に活用することで、森は再生し、守られる。」という発想から生まれました。このとき注目したのが人工林(=間伐材)の存在です。人工林は天然林とは異なり、定期的に間引き(=間伐)することで生育します。しかし当時、人工林を実際に利用するには技術的・流通的に様々な障害がありました。そこで、人工林の特性を生かした部材を開発したり、規格化を進めていきながら、産地直送のスタイルをベースにした流通システムを確立することにより、それまで不可能と思われていた、人工林を利用した住まいづくりを実現したのです。

HOPの建築サイクル図(写真をクリックするとそれぞれのページにジャンプします)

HOPの建築サイクル 『緑の循環』認証材 HOPの森植林活動 アフターメンテナンス 製材 新工法プレカット HOP丘珠工場 新工法建築/施工

DIGITAL BOOKを見る

国産材100%にこだわり、天然林を保護

天然林イメージ

自然破壊や環境問題に対する人々の関心の高まりにもかかわらず、家づくりの現場では、天然木の建材を求めて山の奥へ奥へと分け入り、貴重な森林の伐採がつづけられています。しかも、植林は手間ひまがかかるため、切り出したあとは自然に再生するのを待つのみで、多くを輸入木材に頼っている状況があたりまえになっています。天然林の抜き切りをくりかえし、そのすべてを放置したままというやり方に、遠からず限界が訪れることは間違いありません。木材の輸入も、安く手にに入れている陰で貴重な熱帯林や北洋林が失われ、かけがえのない生態系の破壊につながっています。そして建材として使う木の調達そのものがむずかしくなり、建築コストもますます高くなっていくことになるのです。

そうした状況に少しでも歯止めをかけるために、ハウジングオペレーションは道産材による家づくりを通じて、天然林の保護と建築資材の自給自足へのとりくみをスタートさせました。

木材伐採

かつて炭鉱の坑道のために大量に造成され、そのままのかたちで残されている人工林に着目。天然林と違って、人工林は定期的に木を間引きしないと生育できないので、その時に切り出された間伐材を住宅の建築に利用しようというものです。

これまで間伐材は、ねじれや曲がりが問題となり住宅には利用できないとされてきましたが、私たちは北海道立林産試験場 との共同研究を実施。試行錯誤の末に高温処理技術でそれを克服し、ついに住宅建材として活用する道を開きました。さらに独自の特殊継手金物(実用新案登録済)を使うことで、今までの在来工法の3倍の強度を実現したのです。

人工林を手入れして成長しやすい環境を整えるために間引かれた樹齢50年の木材を使うようにしていくと、次に切られるまでの期間が、親が新築したのちにその子が独立して家を建てるサイクルとほぼ一致します。植林してそれをすべて建築用に使えば、人工林だけで自給自足できるのです。
HOP は原木から製材、さらに住宅建築にいたるまでを協業化する新しい住宅供給システムをつくりあげ、産地直送のスタイルをベースに、北海道のプレカット工場で間伐材の特性を生かした部材の開発や規格化をすすめ、林野庁や国の協力も得ながら、間伐材の建築への利用を普及させていきます。人工林でまかなう割合がふえていくことで天然林は保護され、木材の輸入も縮小、地球環境の破壊をくいとめることにもつながるからです。

木材

地球温暖化抑制のために

温室効果ガスの中でも、CO2(二酸化炭素)は地球温暖化に与える影響が最も大きいといわれています。そのCO2を吸収するのが森林。温暖化を食い止めるには、森林をきちんと管理して木材を利用し、健全な森として成長させるすることが必要です。HOPが国産材の利用を推進するのは、温暖化抑制の面からも重要なことなのです。
また、日本の住宅に使われる木材の約80%は、北欧や北米など、何千何万キロも離れた国々からやってくる輸入材ですが、遠方から運んでくるため、その輸送時には莫大なエネルギーが消費されています。地域材を使用した住宅と、輸入材を使用した住宅とを比べると、輸送におけるCO2排出量の差は明らかでしょう。こうした面においても、国産材の利用によって地球温暖化抑制に貢献できるのです。

HOPの工場でプレカットされた木材が全国へ届けられています。

従来の在来工法は、現場での作業や材料の現物合わせが多かったため、一棟一棟の品質にどうしてもバラツキが生じていました。 こうした欠点を解消するため、木材のプレカットや柱の穴あけ、特殊継手金物の装着、梁仕口の自動加工といったプレ加工はすべて、HOPの工場で施工。同時に、防腐、防蟻、防錆処理も施しています。図面を基にコンピュータ制御しますので高度に均一化された住宅部材を安定供給することができます。
プレカットする産地直送システムを確立したことで、流通コストの大幅な短縮と低コスト化をも実現しています。効率よく計算されたプレカットは木材の無駄をなくし、工場と建築現場の廃棄物を減らせる双方のメリットがあります。

プレカット工場

プレカット工場

HOPの高品質プレカット工場

HOP金物

柱一本、金具ひとつにも、高い信頼が宿っています。

ヨーロッパ=75年、アメリカ=50年、日本=24年、北海道=20年以下。これは、住宅が建て替えられるまでのサイクルを調べたものです。日本では住宅さえも消耗品になり果て、いかに多くの木材が寿命をまっとうできずに粗大ゴミと化しているかが、よくわかります。これが、日本の、北海道の、住宅の実態なのです。ハウジングオペレーションは、森林資材の保護と、人が快適に暮らせる 「自然素材」 に こだわった木の家づくりを同時に進めるという矛盾したテーマに挑み、独自の工法によってそれを可能にしました。
HOPの家では、従来より約2.5倍の強度を持つオリジナルの特殊継手金物(実用新案登録済)で柱や梁を固定することにより、構造の継手部分の耐久性が飛躍的に向上。プレートとボルトを用いることで、ホゾや仕口による木材同士の接合にはない粘りを実現させました。また接合部の継手金物を外せば簡単に解体できるため、構造材の約60%が再利用可能で、資源リサイクルにも大きく貢献します。
家の骨組みともいえる軸組をつなぐための仕口や継手に工夫を凝らし、筋交いを入れた耐力壁を組み合せていますので、たとえ大きな地震が起こったとしても、 軸組みと耐力壁が一体となって倒壊を防ぐ強さを備えているのです。

建具・家具を自社生産し、一貫した品質管理体制を確立

一棟一棟の細かなオーダーにもミリ単位で対応できるよう、住宅に使用する建具、階段材、幅木材、造り付けの家具などをすべて、自社の丘珠工場で製作しています。建物に大きな影響を与える建具などに既製品を使わないのは、より高いクオリティをめざしているから。 職人の技が、設計者が考え出す様々な工夫を実現していきます。 利用する素材にはタモ、ミズナラ、セン、ヒノキ、スギ、マツといった天然木を用いています。 HOPの家は、お客様を幸せにしたいという設計者のこだわりと職人のプライドでできているのです。

丘珠工場

丘珠工場

丘珠工場

HOP丘珠工場

「ユニバーサルデザイン」から、喜びにあふれる家へ

私たちは「ユニバーサルデザイン」というコンセプトを基本としています。これは、高齢者や障害を持つ方も含めて家族全員が快適に暮らせる家づくりという考え方です。
けれど、手すりをつけたり、段差をなくしたりという物理的な次元を考慮したとしても、住まいの中のどこかで「使う楽しさ」や「住むことの喜び」を犠牲にしているとしたら、それは本当の意味での配慮とはいえないでしょう。壁や床の色調、素材、窓の高さや眺めなど、心理面への心配りは、もはや必要不可欠。
「楽しさ」や「心地よさ」、そして「美しさ」などが、住まいを構成する重要なファクターであり、またそれが住む人の気持ちの豊かさにつながるともいえるのです。

ユニバーサルデザイン

健康な家

家族の健康を約束する家

住宅の内装に利用される新建材やビニールクロスの接着剤に含まれるホルムアルデヒドなどの化学物質が「目がチカチカする」「頭がクラクラする」などの症状をひきおこし、「シックハウス症候群」として大きな問題となっています。
住む人の健康を考えたとき、HOPが自然素材にこだわったのはごく当然のことでした。玄関の扉を開けたときから感じる、森のようなさわやかな空気感。ムクの木材を使った太い柱や梁、ナラ材を使ったフローリング。心やすらぐ、本物の木の香りに包まれたHOPの家は、シックハウス症候群とは無縁です。

北海道新住宅産業開発協議会 (林野庁木材供給低コスト化総合対策事業)

大手ハウスメーカーや輸入住宅を含む外材製品等の進出の中で道産材の需要は年々減少 しております。私達協議会は北海道各地域の原料を使い、建築技術を結集し、原木から製 材さらに住宅建築に至るまでを協業化する新しい住宅供給システムを進める為に設立されました。
この事業は平成7年度からはじまった林野 庁の木材供給低コスト総合対策の主旨に合致するものとして、道から推薦を受け、学識経 験者や大学の研究室及び建築家など多くの人達の協力のもと新しい北海道の住宅を工法か らデザイン及び流通まで見なおし、21世紀の新住宅システムを作ろうとするものです。

私たちは道産材という「自然素材」へのこだわりをいちだんと徹底し、そのうえで、森林保護、資源のリサイクル、住む人の心とからだの健康づくりへのとりくみを、いっそう積極化しています。これからも太陽光発電など自然のエネルギーを有効に活用するエコハウスの開発をはじめ、環境と住宅を取り巻くさまざまな課題に挑戦していくことを視野に入れながら、すべての人に、そして地球にやさしい家づくりを進めていきます。

SGEC

SGEC「緑の循環」森林認証取得

HOPグループ3社は、流通、設計、施工の各部門でSGEC「緑の循環」森林認証を取得しています。これは2003年に日本で初めて作られた森林認証制度で、SGEC「緑の循環」認証会議が、「持続可能な経営を行う森林から生産された木材」ということを認定する制度です。

環境共生システム供給型認定

環境共生システム供給型認定

HOPの家は、財団法人 住宅・建築・省エネルギー機構によって定められた「環境共生住宅」の統一基準に適合しています。環境共生住宅は、「地球環境の保全」、「周辺環境との親和性」、「室内環境の健康・快適性」を3つの柱に、人と地球にやさしい住宅の普及を目指しています。HOPの家は“省エネルギー型”、“地域適合・環境親和型”の区分によって、環境共生住宅システム供給型の認定を受けました。

木造住宅合理化システム高耐久性能タイプ設定

木造住宅合理化システム高耐久性能タイプ設定

HOPの家は、財団法人日本住宅・木材技術センターより「木造住宅合理化システム高耐久性能タイプ」(国土交通省建築物性能等認定事業登録)の認定を受けています。このシステムの認定は“良質な住宅を生産できる設計・施工の合理化を図った木造住宅の生産・供給システム”だけに与えられるものです。

DIGITAL BOOKを見る