緩やかに曲線を描く庇

緩やかに曲線を描く庇

周囲を受け入れるような外観デザイン

内に入るような外壁

遮熱の効果もある庇

玄関からLDK側を見る

和室の障子が照らされ暖かさを感じる

障子をあけると広々とした和室

開放的な吹抜け

大開口からの光が気持ちいいリビング

リビング

リビングからダイニングを望む

ダイニングからリビングを望む

2階からリビングを見下ろす

キッチンからダイニングを望む

キッチン

ダイニングからリビングを望む

灯りが優しい印象の和室

玄関

外観夕景

街並みに溶け込む優しい家

札幌市 O邸

閑静な住宅街の角地に佇むこの家は、優しい印象を与えることを意識し、遮熱の効果もある曲面を外観デザインに取り入れた。車庫側の外壁と2階の庇を緩やかな曲面とし、どちら側から見ても内に入るイメージを構成。周囲を受け入れるように街並みに溶け込む建物となっている。
玄関からLDK、外部テラスと庭は1つの連なりとし、南側の明るい場所に和室を配置。障子を開けると庭の緑が心地よい。リビングは自然光を気持ちよく取り込むように設計。大きな開口からは燦々と自然光が注ぐが、夏場の熱い日射は庇が上手に遮り調整してくれる。吹抜けに設けた窓は冬場の採光を計算しているため1年中光が溢れる団欒の場となる。
2階にはフィットネスルームと書斎を設け、山並みを眺めながら心身ともにリフレッシュできる仕掛けだ。家族はもちろん周囲への優しさも兼ね備えたあたたかい邸宅が完成した。