手水石が涼しげな中庭

手水石が涼しげな中庭

波のように柔らかな曲線を描く外観

住まいを抱く木柵

テラス越しの手水石を望む

玄関

リビングから中庭を望む

リビングを階段と外壁が織りなす曲線がやさしく包み込む

リビング全景

大黒柱の元に広がるリビング

キッチンからリビングとテラスを望む

二階からリビングを見下ろす

リビングからダイニング・キッチンを望む

ダイニングキッチン

ダイニングからキッチンを望む

大黒柱の元、天井を見上げる

バスルーム

テラスから見るリビング夜景

中庭からリビングを望む

自然造形の様な美しさを持つ家

横浜市 M邸

自然造形の様な曲線美を持つ有機的な邸宅。「ニンゲンの巣」という壮大なテーマを持つオーナー様とHOPならではのデザイン、企画力、技術力が融合し実現した住まいだ。まるで波のようにカーブした柔らかな屋根をリビングから伸びる大黒柱が力強く持ち上げる構造。大黒柱の元に広がるリビングを階段と外壁が織りなす曲線がやさしく包み込む。中心に置かれた印象的なソファーはオーナー様こだわりのデザインによるもの。ここに腰掛けて大きな開口から庭へ視線を移すとテラス越しの手水石が涼しげに、どこか懐かしい安らぎを感じさせてくれる。
ダイニングキッチンは、ステップ2段分の高低差でリビングとは別の空間とした。仕切りを設けないため、キッチンにいてもリビングの様子や家族の気配を感じる事ができる。夕暮れ時は、住まいを抱く木柵が室内へと影を落とし時の経過を伝える。陽が落ちると、印象的な窓にあかりが灯り生命力のような不思議な力すら感じるニンゲンの棲家となった。