先輩社員に聞く I hear the senior employees

Q1 現在どういったお仕事をなさっていますか?

現場監督です。現場監督は、安全・品質・工程・予算のマネジメントを行い、着工から竣工までの現場運営を確実に行う業務です。

Q2 お仕事をしていてどういう時に喜びを感じますか。

現場では、毎日、良い事や悪い事を含め様々な出来事があります。
紆余曲折を経て、実際に建物が完成した時は、充実した達成感があります。その建物が実際にお客様へ御引渡しする際に、喜んで頂き感謝の言葉を頂けると、本当に頑張って良かったと実感します。

Q3 お仕事を進める上で大切にしていることは何ですか?

協力業者の皆さんとのコンタクトです。職人さんが作業をしなければ、実際に建物は形になりません。現場では様々な人達が関わることで成り立ち、これから先もそれが変わることは無いと思います。現場に携る人達皆が高い意識で同じ方向を向いていれば、必ず良い物が出来ます。

Q4 HOPの家づくりと他社の家づくりとの違いは何だと思いますか?

他社との違いは『考える』事が重要で多くある事だと思います。
どう納めるのが不具合無く美しいか、時間の経過を考えた時に本当にこの内容で良いのか、どうしたら同じ品質とデザインを替えずに低予算で造れるか、工事日程や作業工程をどう采配したら無理なく現場を進める事が出来るか…等など、『考える』事の質の違いは、確実に現場や出来上がりに反映します。

Q5 将来の夢を教えて下さい。

誰からも信頼される現場監督になる事です。お客様は勿論のこと、スタッフや協力業者の皆さんを含め、建物を建てる上で関わる全ての人達から信頼され、頼りにされる人間になりたいと考えています。

Q6 これからご入社なさる方へのメッセージをお願いします。

様々な事を取りまとめ、前へと進める仕事です。実際大変な仕事だと感じる方もいるかとは思いますが、その分、他では味わうことができない『達成感』という見返りがあります。知識は後から着いてきます!自分のやる気次第で成長する事ができる会社なので、皆で良い建物を造りましょう。

PAGE TOP ▲